新リフリート工法

新・リフリート工法は、鉄筋コンクリート構造物の劣化防止、耐久性向上を目的として、従来のリフリート工法およびAR防錆工法を複合させ、バージョンアップさせた躯体改修工法です。

大切な社会資本の鉄筋コンクリート構造物の美観改修,安全性確保、資産価値向上、耐久性向上を目的に、より永く供用頂くために、是非、新・リフリート工法をご活用ください。

新・リフリート工法の概要をご紹介致します。

劣化原因に応じた躯体改修工法をご提供いたします。

新・リフリート工法は、中性化、塩害および予防保全などの劣化原因別にRF仕様、DS仕様およびDS-HG仕様を選択し、より効果的な躯体改修を図ります。

新・リフリート工法では、次の改修仕様があります。

新・リフリート工法は、「化学的改修」「物理的改修」の改修方法によって構成されております。その各仕様は次の通りです。

諸物性に優れたポリマーセメントモルタルを使用しています。

新・リフリート工法では、強度、熱膨張率、弾性係数など諸物性がコンクリートに類似し、耐久性、防水性、長期接着性、耐摩耗性、耐衝撃性に優れたポリマーセメントモルタルを使用しています。

日本建築学会の補修指針(案)に取り上げられています

新・リフリート工法は、従来のリフリート工法と同様に、1997年に建築学会より発行された「鉄筋コンクリート造建築物の耐久性調査・診断および補修指針(案)同解説」で、回復目標レベルの恒久に該当いたします。 ・・・> 詳細はこちら

リフリート工法は、環境に優しい工法です(F☆☆☆☆取得)

リフリート工法で使用します「RF-100」、「DS-400」、「RF防錆セメント」、「RFモルタル・パウダー」および「RF混和液」は、日本建築仕上材工業会(NSK)のホルムアルデヒト放散等級に関する自主認定「F☆☆☆☆」製品です。
このことから、建築内部の補修改修において、居室の制限なく使用できる「環境に優しい工法」です。
「新・リフリート工法」の使用製品の認定登録番号

建設技術審査証明(建築技術)を取得しております

リフリート工法 DS-HG仕様は、平成7年3月 財団法人日本建築センターより建築技術審査証明を取得した工法の再審査によって誕生した工法で、鉄筋の腐食の恐れのある部分のコンクリート表面に適用することによって鉄筋に対する防食性を向上させる工法で、補修・改修にみならず、新設(新築)のコンクリート構造物に適用できる、鉄筋の予防保全(防錆)をはかる工法として証明(PDF:2213KB)されております。
※BCJ-審査証明-67号